昨日のNY市場は大きく下落。ダウは458ドル安の23644ドル、
ナスダックは190ポイント安の6870ポイント。S&Pも58ポイント下げて2581で取引を終了した。

中国が米国製品130品目に対する報復関税策の実施に踏み切ったことで貿易摩擦への懸念が拡大し、売りが先行。

トランプ大統領によるアマゾンの納税を巡る批判にマルコ・ルビオ共和党議員が同調したほか、テスラ・モーターズが、自動運転車を巡る死亡事故の調査内容を先行開示したことに当局が難色を示し、課税・規制強化への警戒感から
ハイテク企業が売り込まれ、終日大幅下落となった。

直近の為替レートは、ドル円で105円80銭台ユーロ円で130円20銭台と円高模様で推移している。

まぁ、アマゾンを批判する気持ちも分からないわけではないが、考え方が後ろ向き。

ただ有権者の方を向こうとする姿勢は日本の政治家よりはマシなのかもしれない。