昨日のNY市場は大幅上昇。ダウは205ドル高の25574ドル、ナスダックは58ポイント高の7211ポイント。
S&Pも19ポイント上げて2767で取引を終了した。3指数とも史上最高値を更新。

10-12月期決算発表シーズンを控えて、複数の大手企業が最低賃金を引き上げたほか、航空大手決算で業績見通しが上振れた。

税制改革による企業業績への好影響が未だに十分株価に織り込まれていないとの見方から終日堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で111円10銭ユーロ円で133円30銭台と円高模様で推移している。

本日は若干高いところから始まる日本株、今夜のNYで大きな崩れがなければ、トレンドに変化が起きるリスクは平昌パラリンピックの終了の3/18までは無いと判断できる。

従ってここからの押し目は買い目線でしっかり狙っていきたい。