昨日のNY市場は大幅安。ダウは362ドル安の26076ドル、ナスダックは64ポイント安の7402ポイント。S&Pも31ポイント下げて2822で取引を終了した。

米長期金利上昇への警戒感から大幅続落した。

昨日からのFOMCでは追加利上げが見送られるとの予想が大勢。しかし、翌日発表する声明で金融引き締めにより積極的な姿勢を示すとの思惑から債券売りが活発化し長期金利の上昇が景気を冷やすとの懸念から株式も売られた。

トランプ米大統領が夜に行う一般教書演説で、財政出動を伴うインフラ投資計画を公表するとの観測も債券売りを誘った。

直近の為替レートは、ドル円で108円80銭台ユーロ円で134円70銭台で推移している。

日足陰線で終値が3連続下がった状況でまずは手仕舞いの動くのが鉄則なわけで、昨日は多くの投資家が同じ動きを見せた考えている。経験上、乗り遅れより逃げ遅れの方が痛手を食う事が多いのも事実。

ただ、今回の下げを見ても分かるように比較的セオリー通りの動きをしているだけに来週半ばには戻りが予想できる。

ここでの押し目は想定済みでこの押し目は今年のチャンスと捉えているので、ここはキャッシュポジションを高めたまま頭を低く。

昨日のNY市場は反落。ダウは177ドル安の26439ドル、ナスダックは39ポイント安の7466ポイント。S&Pも19ポイント下げて2853で取引を終了した。

前週の株価上昇を受けて利益確定の動きが広がり、売りが先行。米国債利回りが2014年以来の高水準に上昇したことが嫌気され、終日軟調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で108円90銭台ユーロ円で134円80銭台で推移している。

 

昨日は今年の本命と捉えている仮想通貨の動きが相場を左右している。

日経平均が揉み合う状況だけに短期材料としては十分材料になる。

先週末のNY市場は上昇。ダウは223ドル高の26616ドル、ナスダックは94ポイント高の7505ポイント。
S&Pも33ポイント上げて2872で取引を終了した。3指数とも史上最高値を更新。

10-12月期GDP速報値が概ね堅調な内容となり、12月耐久財受注も予想を大幅に上振れ、買いが先行。

トランプ大統領がダボス会議での演説で米経済の好調さを強調し、TPPへの復帰を示唆したほか、為替相場でのドル安進行が好感され、終日堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で108円60銭台ユーロ円で135円の飛び台と円高で推移している。

 

仮想通貨の脆弱な部分が露呈された先週だったが何度も言っているが、良くも悪くも株式相場に大きく影響する仮想通貨だけに目が離せない。

昨日のNY市場はまちまち。ダウは140ドル高の26362ドル、ナスダックは3ポイント安の7411ポイント。
S&Pは1ポイント上げて2839で取引を終了した。ダウとS&Pは史上最高値を更新。

複数の主要企業決算が好感され、買いが先行。

ムニューチン財務長官の発言を受けて為替相場でドル安が続いていたが、トランプ大統領が最終的にはドル高が望ましいとの認識を示し、原油相場や資源価格が下落、株式相場も上げ幅を縮小する展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で109円20銭台ユーロ円で135円50銭台で推移している。

 

日本株も日経平均が25日線で止まっていければ揉み合いからの上昇が期待できるが、やはり23500円を切ってくるようだと心理的にも手仕舞い売りが多くなってきそうだ。

今度は TPPに前向きな発言をしているトランプ氏だが、いつ180度違った発言をするかわから無いだけに

どこかの誰かと一緒に要注意かもしれない。メンバー登録

昨日のNY市場はまちまち。ダウは49ドル高の26260ドル、
ナスダックは26ポイント安の7433ポイント。
S&Pは2ポイント上げて2841で取引を終了した。ダウは史上最高値を更新。

複数の主要企業決算が市場予想を上振れ、買いが先行。為替相場でドル安が進行したことが好感されたが、ハイテク株を中心に売りが広がり、上げ幅を縮小する展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で109円の飛び台ユーロ円で135円20銭台で推移している。

主力大型株が売られる一方、中小型株は不安な動きは見られ無い。
ただし相場の転換点で動く仕手株などが大きく動いているのが気にはなる。

仕手株には手を出さず、本日は材料がある銘柄も押し目到来と考えて打診で入るタイミング。

昨日のNY市場はまちまち。ダウは3ドル安の26210ドル、ナスダックは52ポイント高の7460ポイント。
S&Pも6ポイント上げて2839で取引を終了した。S&Pとナスダックは史上最高値を更新。

連邦政府機関の閉鎖が回避され先行き不透明感が後退し、ダウを除いて買いが先行。

一方で、主要企業決算の発表に乏しいなか、昨日から開幕したダボス会議の動向や主要企業決算を見極めたいとの思惑も広がり、上値の重い展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で110円30銭台ユーロ円で135円60銭台で推移している。

 

本日の下落を押し目ととして捉えるか、利確と捉えるかは非常に重要

 

昨日のNY市場は上昇。ダウは142ドル高の26214ドル、ナスダックは71ポイント高の7408ポイント。
S&Pも22ポイント上げて2832で取引を終了した。3指数とも史上最高値を更新。

連邦政府機関の閉鎖が3日目に入ったことを嫌気して小幅に下落して寄り付いたものの、株式相場への影響は限定的との見方から緩やかに上昇する展開となった。

その後上院で移民政策を一時棚上げすることを条件に民主党が2月8日までの暫定予算に合意したことが報じられると上げ幅を拡大する展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で110円90銭台ユーロ円で136円を挟んだ動きで推移している。

 

残すは日銀金融政策決定会合後の黒田氏の発言で流れが決まりそうな展開。

東京に雪が降るとマザーズが吹き上がるといったアノマリーもあるが推奨銘柄アンジェスも昨日材料が出てストップ高。

方向性が無いが強さのあるときは迷わず医薬、バイオに流れることがあるので今後も頭の片隅に入れておくべし。

先週末のNY市場は上昇。ダウは53ドル高の26071ドル、ナスダックは40ポイント高の7336ポイント。
S&Pも12ポイント上げて2810で取引を終了した。ナスダックとS&Pは史上最高値を更新。

下院議会で2月16日までの暫定予算が可決されたことから朝方は小幅上昇して寄り付いたものの、上院での採決が難航するとの見方から上値の重い展開となった。

一部政府機関閉鎖の閉鎖という事態となっても、短期で株式相場に直接的な影響は殆どないとの楽観的な見方から、引けにかけてやや上げ幅を拡大する展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で110円60銭台ユーロ円で135円70銭台で推移している。

 

日銀政策決定会合も内容としては変化はないだろうが、高止まりの日本株だけに黒田氏の発言で縮小の『し』の字が出るだけでも大きく動く展開だけに日銀政策決定会合後までは動きずらい。

狙うのであれば仕手性の高い銘柄、すでに動きが見えるものに網を張って短期売買は面白そうだ。

昨日のNY市場は下落。ダウは97ドル安の26018ドル、
ナスダックは2ポイント安の7296ポイント。S&Pも4ポイント下げて2798で取引を終了した。

前日の大幅上昇を受けて利益確定の売りが散見されたほか、債務上限問題による米国政府機関閉鎖への警戒感から軟調推移となった。住宅や製造業関連指標が予想を下回ったことも嫌気された。

直近の為替レートは、ドル円で111円10銭台ユーロ円で135円30銭台で推移している。

 

週末要因で利益確定の売りに押されて昨日の下げが頭をよぎったりすると執拗に売っている外資も視野に大きく崩れる場面も想定される。

さすがに昨日は個別銘柄も勢いがなかった。

平昌オリンピックまではBOXから下へ抜けることは考えにくく、大きな下落は買い場と考えていきたいところ。

昨日のNY市場は大幅高。ダウは322ドル高の26115ドル、ナスダックは74ポイント高の7298ポイント。
S&Pも26ポイント上げて2802で取引を終了した。3指数とも史上最高値を更新。

前日の大幅反落を受けた買い戻しが先行。アップルが米国内への大規模な投資計画を発表すると上げ幅を拡大する展開となった。

またベージュブックで、大半の地区の経済が緩やかなペースで拡大したとの認識が示されたことも好感され、引けにかけても堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で111円10銭台ユーロ円で135円70銭台とやや円安で推移している。

 

昨日の一斉メールにも書いたが明確なトレンドに変化がない状況での押し目は強気で考えていくべきと思って昨日も新規の銘柄をPFに組み込んだ。