ギャンブル的要素が強い銘柄を

昨日のNY市場は下落。ダウは7ドル安の24746ドル、ナスダックは23ポイント安の6936ポイント。
S&Pも2ポイント下げて2680で取引を終了した。

年末で閑散取引となる中、アップルを中心にハイテク株に売りが先行。利益確定や持ち高調整の売りも広がり、軟調推移となった。

原油相場は上昇し、10月ケース・シラー住宅価格指数は市場予想を上振れたものの、相場を押し上げるには至らなかった。

直近の為替レートは、ドル円で113円10銭台ユーロ円で134円30銭台で推移している。

 

外人不在の状況で年内換金売りや税金対策などの売りが出ている割にはしっかりしており低リスク、ハイリターンが望める展開。

いずれにせよリスクのある銘柄しか動かない状況なので狙ってみたいところ。

メンバー登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA