昨日のNY市場は反落。ダウは37ドル安の24754ドル、
ナスダックは30ポイント安の6963ポイント。S&Pも8ポイント下げて2681で取引を終了した。

税制改革法案の成立に楽観的な見方が広がる一方で、前日の株価上昇を受けた利益確定の動きが広がり、
寄付き後から下落しもみ合う展開となった。

前週に共和党執行部の間で合意された税制改革案が下院で可決されたものの、今晩の上院での採決結果を見極めたい
との思惑もあり、相場への影響は限られた。

直近の為替レートは、ドル円で112円80銭台ユーロ円で133円60銭台で推移している。

年末特有の相場から来年に向けての銘柄入れ替えのタイミング。予想以上に吹き上がった銘柄はここで利益確定。

本日から来年に向けて新しい銘柄を投入する。