昨日のNY市場は下落。ダウは76ドル安の24509ドル、ナスダックは19ポイント安の6856ポイント。
S&Pも10ポイント下げて2652で取引を終了した。

週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、堅調な11月小売売上高が好感され上昇したものの、その後、年内成立が期待される税制改革案にマルコ・ルビオ上院議員が反対を表明したことで反落した。

直近の為替レートは、ドル円で112円20銭台ユーロ円で132円30銭台と円高が進行している。

 

昨日の日経平均は下落し、3日続落となり本日も弱い展開が予想される。

兜町の相場師推奨銘柄は昨日もストップ高を含む殆どの銘柄が上昇。

掉尾の一振狙いの週だけに本来なら個別でここはしっかり利益を出さなくてはならない所。

来週からは若干景色が変わるので狙う銘柄も変化が出るはず。