昨日のNY市場は大幅反発。ダウは187ドル高の23458ドル、ナスダックは87ポイント高の6793で史上最高値を更新。
S&Pも21ポイント上げて2585で取引を終了した。

複数の主要企業決算が好感され、買いが先行。

長期金利の上昇が好感されたほか、米議会下院で税制改革法案が可決されたことで投資家心理が改善し、終日堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で113円を挟んだ動きユーロ円で133円を挟んだ動きで推移している。

 

しっかりと25日線で切り返すあたりは相場が強い証拠、新興銘柄も通常ならここでもたつく場面だが昨日はしっかり買われ、週明け以降も期待できる状況。

現在大きく利益を出せていないとしたら何かが間違っていると考えた方がいい。

ここから年末まで利益を取りやすい展開なのでしっかり利益を叩き出したいところ。