日銀が売り方の敵となるか

昨日のNY市場は上昇。ダウは6ドル高の23563ドル、ナスダックは21ポイント高の6789ポイント。
S&Pも3ポイント上げて2594で取引を終了した。ダウとS&Pは史上最高値を更新。
前日の州知事選で多くの州で民主党候補が勝利したことや、税制改革の実施が19年度にずれ込むとの報道を受け、売りが先行。トランプ大統領が訪韓中に北朝鮮を非難したことも地政学リスクを高めた。
一方明日発表が予定される上院の税制改革案を見極めたいとの思惑や、トランプ大統領の訪中で大規模な商談成立が期待されて引けにかけて上昇に転じた。
直近の為替レートは、ドル円で113円80銭台ユーロ円で130円を挟んで推移している。
 
今月に入って初めての日銀のETF買い、売り方としてはこの流れが執拗に続けばギブアップとなる気配。ここは高見の見物が一番面白いと考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA