昨日のNY市場は上昇。ダウは28ドル高の23377ドル、ナスダックは28ポイント高の6727ポイント。
S&Pも2ポイント上げて2575で取引を終了した。

決算発表を受けて売買が交錯し、朝方は小動きとなったが、
その後は緩やかに上昇する展開となった。

今週は明日のFOMC結果発表や下院の税制改革案に加えて、次期FRB議長の発表や10月雇用統計など重要イベントが続くため、様子見ムードから積極的な売買は限られた。

直近の為替レートは、ドル円で113円60銭台ユーロ円で132円40銭台で推移している。

 

ようやく待ちに待ったお祭り相場がやってきた。

今週注目銘柄も大きく上昇した昨日だったが利益を出すのは比較的簡単な相場環境。

問題はその利益を何処で確定させるかが重要。それぞれタイミングが違うので要注意。