動きづらい時に大きく動く株

先週末のNY市場は上昇。ダウは33ドル高の23434ドル、ナスダックは144ポイント高の6701ポイント。
S&Pも20ポイント上げて2581で取引を終了した。
ナスダックとS&Pは史上最高値を更新。

アマゾン・ドット・コムが約13%高となったほか、インテル、アルファベット、フェイスブックなどの
主力IT株が軒並み大幅高となりナスダックが大幅反発した。

一方メルク、シェブロンの下落が重しとなったダウは小幅上昇にとどまった。

直近の為替レートは、ドル円で113円70銭台ユーロ円で131円80銭台で推移している。

 

今週は30~31日に日銀金融政策決定会合、31~1日にFOMC、金曜が休日で4日の商い。

動きにくい時に大きく動く仕掛けのある銘柄を積極的に狙う場面ではないかと思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA