防衛関連は今年の核

人気ブログランキング

昨日のシカゴ日経先物は8900円。
昨日の東証終値は172円安の18810円でしたので
今日は反発して始まることになりそうです。

昨日の日経平均は大幅下落となりました。

円高が進行したことに加え、トランプ政権への先行き不透明感から
株高期待が後退し、指数は一時下げ足を速め
18700円に迫る場面もありました。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり325/値下がり1620と売りが優勢。
ダイキンやTDKなど輸出関連株の下げが目立ったほか、
非鉄金属株や金融株など幅広い業種が下落しましたが、
半面防衛関連株が買われました。
兜町の相場師ではこの防衛関連が今年の一番の重要セクターとして
注目しており関連銘柄も多くポートフォリオに組み込んでいます。
従って昨日は大きく利益が膨らんだわけですが、この防衛関連は
一過性の流れではなく短くとも今年の夏までは注目の
セクターと考えています。

しかし東証1部以上に値を崩したのが新興市場で、
ジャスダックは60円安の2,978円と続落、マザーズでも
34ポイント安の1029ポイントと続落しています。

これについてもすでにメールで幾度となく書きましたので
多くの方が利益を確定させて主要銘柄に移っていると思います。

日経平均は後場に崩れて2月安値の18805円を割り込みました。
ただ、今年のレンジ下限水準まで下げており
これまでの例では、そろそろ買いが入るタイミングではあります。

ここからの狙い目、注目銘柄で構成のポートフォリオは有料ブログに掲載しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA