昨日のNY市場はまちまち。ダウは5ドル高の23163ドル、ナスダックは19ポイント安の6605ポイント。
S&Pは0.8ポイント上げて2562で取引を終了した。ダウとS&Pは史上最高値を更新。

中国の7-9月期GDPが減速し世界経済の先行き見通しに対し懸念が高まったほか、スペイン政府がカタルーニャ州の自治権停止の手続きを進めていることによる
政治情勢への警戒感の高まりが嫌気され、売りが先行。

主要企業決算や税制改革実現への期待から、引けにかけて下げ幅を縮小したものの、相場を押し上げるには至らなかった。

直近の為替レートは、ドル円で112円50銭台ユーロ円で133円40銭台で推移している。

さて寄付き押して始まる日本株だが週末、選挙最終日、今月まだ買いのない日銀を考えるとザラ場動きが激しいい事も予想できる。

狙いはやはり指数の政策絡みでいいのではないだろうか。

 

昨日のNY市場は上昇。ダウは160ドル高の23157ドル、ナスダックは0.5ポイント高の6624ポイント。
S&Pも1.9ポイント上げて2561で取引を終了した。
3指数とも史上最高値を更新。

前日に好決算を発表したIBMや長期金利の上昇を背景とした金融株への選好が目立ち、堅調推移となった。

ベージュブックでは、複数のハリケーンで米南部が混乱に陥ったものの、景気が拡大したとの認識が示された。一方で、物価上昇圧力は限られた。

直近の為替レートは、ドル円で112円90銭台ユーロ円で133円10銭台とやや円安で推移している。

 

 

29年ぶりの13連騰が期待できそうな状況、騰落レシオや移動平均かい離率を考え思い切って売りを考える人も出てきそうな状況。

相場の捉え方は人それぞれだが、基本姿勢は強いものに着くのが鉄則と考えている。

昨日のNY市場はまちまち。ダウは40ドル高の22997ドル、ナスダックは0.3ポイント安の6623ポイント。
S&Pは1ポイント上げて2559で取引を終了した。ダウとS&Pは史上最高値を更新。

金融やヘルスケア企業の好決算が相次ぎ、ダウは史上初となる23000ドルを一時突破した。

しかし主要ハイテク株の決算を来週以降に控えて、利益確定の動きも目立ち、上値を抑える展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で112円10銭台ユーロ円で132円の飛び台で推移している。

 

今日明日で指数一辺倒の動きに変化が出ると思われるが一時的に個別材料株に資金が動くのは間違いないだろうが、その流れが継続して週明けまで続くかどうか?

まずはここを注視して次の判断とするのがよさそうだ。

昨日のNY市場は上昇。ダウは85ドル高の22956ドル、
ナスダックは18ポイント高の6624ポイント。
S&Pも4ポイント上げて2557で取引を終了した。3指数とも史上最高値を更新。

10月NY連銀製造業景気指数が予想を大幅に上振れ
買いが先行。原油相場の上昇が好感されたほか、
ハイテク株を中心に買いが広がった。

直近の為替レートは、ドル円で112円10銭台ユーロ円で132円30銭台と昨日よりは円安で推移している。

しかし毎日毎日、指数は上昇する感じだ。

まるでバブルを思わせるかのようだがポジションの取り方も同じように考えていくべきでなぜ何が上昇するかも大事だが

慌てて無理をするのが一番リスクとなる。一度に買わず少しずつ増やしていくのが賢い投資。

先週末のNY市場は反発。ダウは30ドル高の22871ドル、ナスダックは14ポイント高の6605で史上最高値を更新。。
S&Pも2ポイント上げて2553で取引を終了した。

経済指標や金融機関の決算はまちまちとなったが、テクノロジーや素材、一般消費財株が買われた。上昇してスタートした主要3指数は終日プラス圏で推移した。

直近の為替レートは、ドル円で111円70銭台ユーロ円で132円の飛び台と円高で推移している。

選挙期間の指数が強い相場も今週いっぱい。

東証1部の騰落レシオ25日移動平均も137.9と過熱を示す水準となっており
高値警戒感からの利確の売りがでてもおかしくない状況ではあるが「売り」は本質的に無いので、週明けの動きを予測して押し目があれば個別の買い場と判断。

昨日のNY市場は反落。ダウは37ドル安の22841ドル、
ナスダックは12ポイント安の6591ポイント。
S&Pも4ポイント下げて 2550で取引を終了した。

主要金融決算は良好な内容となったものの、高値警戒感から利益確定の動きが広がり、売りが先行。その後は下げ幅をやや縮小したものの原油相場の下落が嫌気され、上値の重い展開となった。

9月生産者物価指数が予想に一致したほか、週間新規失業保険申請件数が予想より減少したものの、相場への影響は限定的だった。

直近の為替レートは、ドル円で112円10銭台ユーロ円で132円80銭台で推移している。

盛り上がりに欠ける選挙を裏目に下が限定的との判断から仕掛けやすい展開。

今週の注目株のクロスフォーもまずは目先いいところまで来ている様子。

動きを見る限りもうしばらく楽しめそうだが短期の目先は選挙までと考えている。

昨日のNY市場は続伸。ダウは42ドル高の22872ドル、
ナスダックは16ポイン高の6603トポイント。S&Pも4ポイント上げて2555で取引を終了。3指数とも史上最高値を更新した。

朝方は複数の主要企業が市場予想を上回る好決算を発表したものの、FOMC議事録の内容を見極めたいとの思惑から小動きで終始した。

FOMC議事録では、数人の当局者が足元の低調なインフレ基調に懸念を示したが、大半が年内の利上げについて支持する見方を示した。発表後の相場はもみ合う展開となったが、原油相場の上昇が重なり、上げ幅をやや拡大した。

直近の為替レートは、ドル円で112円40銭台ユーロ円で133円30銭台で推移している。

日本もいよいよ21,000円が見えてきた。

個人は嬉しいところだが投資を商いにするファンドマネジャーなどのサラリーマンは悩みどころかもしれない。

 

難しい局面でドタバタしなくていいのも個人投資家の特権だろう。

昨日のNY市場は上昇。ダウは69ドル高の22830ドル、ナスダックは7ポイント高の6587ポイント。
S&Pも5ポイント上げて2550で取引を終了した。ダウは再び史上最高値を更新。

IMFが世界経済の成長見通しを上方修正したほか、
原油高が好感され、買いが先行。

年初来で大きく上昇しているハイテク株は決算前に手仕舞う動きなどで一時弱含む場面もあったが、
翌日から始まる7-9月期決算シーズンには概ね楽観的な見方が広がり、堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で112円40銭台と若干円高、
ユーロ円は132円70銭台で推移している。

北朝鮮については引き続き要警戒だが、今後は選挙動向や先の3月決算企業の業績発表に意識が向かい、

好材料により強く反応する流れが続きそうだ。

昨日のNY市場は下落。ダウは12ドル安の22761ドル、
ナスダックは10ポイント安の6579ポイント。
S&Pも4ポイント下げて2344で取引を終了した。

コロンバスデーの祝日で主要経済指標などの発表も無く、
終日閑散取引となった。

米景気や税制改革法案成立への期待から買いが先行したものの、
11日から本格化する7-9月期決算内容を見極めたいとの思惑から
上げ幅を縮小し、小動きとなった。

直近の為替レートは、ドル円で112円60銭台
ユーロ円で132円20銭台で推移している。

選挙の争点も見つからず日銀の買い支えという期待のみで上昇する相場。

しばらくは指数中心で様子を見ながらの相場となりそうだ。

昨日のNY市場は続伸。ダウは113ドル高の22775ドル、ナスダックは50ポイント高の6585ポイント。
S&Pも14ポイント上げて2552で取引を終了した。
3指数とも引き続き史上最高値を更新。

週間新規失業保険申請件数が予想より減少したことで、ハリケーン被害に対する警戒感が後退したほか、堅調な8月製造業受注や、貿易赤字の縮小が好感され買いが先行。

下院で18年度の予算案が可決されると税制改革案に関する審議が進むとの期待から上げ幅をやや拡大し、終日堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で112円80銭台ユーロ円で132円の飛び台で推移している。

この所、北朝鮮が挑発を行う前には高い確率で石川製作所が上昇している。

情報が漏れているち思れる動きだけに今週末の3連休は要注意。