昨日のNY市場は小動き。ダウは1ドル安の27781ドル、ナスダックは3ポイント安の8479ポイント。S&Pは2ポイント上げて3096で取引を終了し、史上最高値を更新した。

シスコシステムズは前日夕の決算発表で、11~1月期が前年同期比3~5%の減収になるとの予想を示した。

同社株は寄り付きから急落し、ダウ平均の下げを主導。コンピューターネットワーク機器大手の同社の需要減が示され、IT業界全体の業績にも懸念が広がった。

また、米中両政府が署名を目指す貿易協議の「第1段階」の合意に不透明感が漂っていることも、株価の上値を重くした。

直近の為替レートは、ドル円で108円30銭台ユーロ円で119円40銭台で推移している。

日経平均は連日の3桁下落。両日とも場中の動きが悪く、5日線も明確に割り込んだ。

週明けは再度上昇、足場を固められるか注視。

昨日のNY市場はまちまち。ダウは92ドル高の27783ドル、一方、ナスダックは3ポイント安の8482ポイント。
S&Pは2ポイント上げて3094で取引を終了した。ダウとS&Pは史上最高値を更新。

米中通商協議の先行き不透明感から売りが先行したものの、パウエルFRB議長の議会証言を見極めたいとの思惑から下げ幅を縮小。

パウエル議長は当面の金利据え置きを示唆した。

午後に入り、農産物購入を巡って米中交渉が難航していることが伝わると、ナスダックに売りが広がり
上値の重い展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で108円70銭台ユーロ円で119円70銭台で推移している。

指数の下落は想定通りで個別の動きも順調に推移している。

次の流れはカジノの流れるのでは推測している。

昨日のNY市場はまちまち。ダウは変わらずの27691ドル、
ナスダックは21ポイント高の8486ポイント。S&Pも4ポイント上げて3091で取引を終了した。

手がかり難の中、連日の最高値更新の流れを引き継ぎ、この日も追随買いが入りやすく、ダウは午前中に一時79ドル高まで上昇。

しかしトランプ大統領がニューヨークでの講演で、米中貿易協議「第1段階」での合意の署名は近いと述べたものの、署名の時期や場所など詳細には言及せず、市場では失望感が拡大。利益確定などの売りに押された。

直近の為替レートは、ドル円で108円90銭台ユーロ円で119円90銭台で推移している。

日経平均が足場固めの中、個別は大きく吹き上がってきている。

個人もいよいよチャンス到来。大きく利益を出すチャンス。

昨日のNY市場はまちまち。ダウは10ドル高の27691ドル、一方、ナスダックは11ポイント安の8464.44ポイント。S&Pも6ポイント下げて3087で取引を終了した。

香港の条例改正案を巡る抗議行動が激化しているほか、前週の株価上昇を受けた利益確定の動きも広がり、朝方から下落して始まった。

今週開催予定のパウエルFRB議長の議会証言や米中協議の行方を見極めたいとの思惑から
下げ幅を縮小したものの、小動きとなった。

今日はベテランズ・デーの祝日で債券市場が休場となる。

直近の為替レートは、ドル円で109円の飛び台ユーロ円で120円30銭台で推移している。

昨日は下落となった日本株も強気の雰囲気は以前続く。

しかしながら外資買い越し、個人売りが続いているうちは問題がないが、どちらかに傾くと一気に行きそうな気配。ここは個別のヒットアンドアウェイ。

先週末のNY市場は上昇。ダウは6ドル高の27681ドル、ナスダックは40ポイント高の8475ポイント。

S&Pも7ポイント上げて3093で取引を終了し、3指数とも史上最高値を更新した。

トランプ米大統領が、中国側が発表した「関税撤廃で合意」を否定したことで朝方は軟調に推移した。

しかし何らかの合意に達するとの期待も強く、引けにかけて主要3指数がそろってプラス圏を回復した。

直近の為替レートは、ドル円で109円20銭台ユーロ円で120円30銭台で推移している。

 

4日続伸となり23000円をアッサリと超え、一気に23500円台まで駆け上がったことで23000円でしっかり足場を固められるか注目だ。

昨日のNY市場は上昇。ダウは182ドル高の27674ドル、ナスダックは23ポイント高の8434ポイント。
S&Pも8ポイント上げて3085で取引を終了した。

中国商務省の報道官はこの日の記者会見で、米中両政府が「協議の進み具合に合わせ、追加関税を段階的に撤廃することに同意した」と表明。

これを受け、株などのリスク資産を買う動きが広がった。

直近の為替レートは、ドル円で109円30銭台ユーロ円で120円70銭台で推移している。

週末ではあるが、来週以降も決算発表がまだ控えているということ、注目ののトヨタがまずまずということで堅調な動きが続くものと想定

昨日のNY市場はほぼ横ばい。ダウは0.07ドル安の27492ドル、ナスダックは24ポイント安の8410ポイント。
一方、S&Pは2ポイント上げて3076で取引を終了した。

米雇用統計など底堅い経済指標を受けて、景気の後退局面入りへの不安は大きく後退。米中貿易協議の進展期待も追い風となり、ダウは週初から2日連続で史上最高値を更新した。

しかし6日は目立った買い材料も見当たらない中、利益確定売りが広がって方向感の乏しい値動きとなった。

直近の為替レートは、ドル円で108円90銭台ユーロ円で120円60銭台で推移している。

 

指数に関しては過熱感がやや削がれながらも上昇が続くという、望ましい流れとなっている。

問題は半導体の次が見つからない個別の材料株の動きが読み難い。

個別はここは慌てずじっくり攻める場面か

昨日のNY市場はまちまち。ダウは30ドル高の27492ドル、
ナスダックは1ポイント高の8434ポイントでそれぞれ史上最高値を更新。
S&Pは3ポイント下げて3074で取引を終了した。

トランプ政権が中国への関税措置の一部撤回を検討しており習主席が訪米にも前向きと伝わるなど、米中貿易協議の行方に楽観的な見方が強まっていて買いが先行。

前日の株価上昇を受けた利益確定の動きが上値を抑えたものの、
10月ISM非製造業景況指数が予想を上振れたことも好感され、
堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で109円10銭台ユーロ円で120円80銭台で推移している。

株価の上昇を見るとまるでバブルのような全面高になりつつある。

この流れが本流になるかどうかはトヨタの決算以降の日経平均の動きで決まりそうだ。

昨日のNY市場は続伸。ダウは114ドル高の27462ドル、ナスダックは46ポイント高の8433ポイント。
S&Pも11ポイント上げて3078で取引を終了した。3指数とも史上最高値を更新した。

好調な7-9月期決算発表が続くなか、経済指標の改善や、米中通商合意への期待などを背景に先週末の堅調な流れが続いた。

直近の為替レートは、ドル円で108円50銭台ユーロ円で120円80銭台で推移している。

 

火曜始まりの週は前半の流れが週を通して続く可能性が高いように感じる。

史上最高値をつけた好調な米国株高を受けて高く始まり、再び円安方向へ戻した為替を好感して日本株も終値でも23000円台に乗せて勢いがつく可能性がありそうだ。

昨日のNY市場は下落。ダウは140ドル安の27046ドル、ナスダックは11ポイント安の8292ポイント。
S&Pも9ポイント下げて3037で取引を終了した。

中国が米国との通商協議において包括的かつ長期的な合意に達することは困難であると考えていることが伝わり、売りが先行。

10月シカゴ購買部協会景気指数が2カ月連続で節目となる50を割り込み、製造業の不振が示され終日軟調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で108円の飛び台ユーロ円で120円40銭台で推移している。

半導体の流れも決算で大きく流れに変化が出始めてきた。

次はこのままインフラ事業に向かうのかまずは今日の動きを見たいところ