先週末のNY市場は下落。ダウは460ドル安の25502ドル、ナスダックは196ポイント安の7642ポイントで取引を終了した。

ドイツPMI、フランスのPMIが好不況の分かれ目となる50を下回り、米国も、製造業は予想53.4に対して52.5、サービス業は予想55.5に対し54.8となりました。

それを受け世界経済の減速懸念が強まりダウ、ナスダックともに大幅安の展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で109円90銭台ユーロ円で124円620銭台で推移している。

 

年度末の週末で下がる事が濃厚な状況では素直にセオリー通り手仕舞い、予想できる下落だけに戻りも早いと考えるべし。

 

昨日のNY市場は上昇。ダウは216ドル高の25962ドル、
ナスダックは109ポイント高の7838ポイント。S&Pも30ポイント上げて2854で取引を終了した。

朝方は売りが先行したものの、前日のFOMC発表を受けて投資家のリスク選好姿勢が強まったほか、
ハイテク株に買いが広がり、堅調推移となった。

またこの日発表された一連の経済指標が堅調な内容だったことも、株価の押し上げに寄与した。

直近の為替レートは、ドル円で110円70銭台ユーロ円で126円の飛び台で推移している。

ここでの円高もほぼ想定内で来週からの個別の動き出しに注目したいところ。

 

昨日のNY市場はまちまち。ダウは26ドル安の25887ドル、一方、ナスダックは9ポイント高の7723ポイント。
S&Pも0.3ポイント下げて2832で取引を終了した。

明日のFOMCでパウエルFRB議長が利上げに消極的な姿勢を示す
との見方から、買いが先行。

その後ライトハイザー米通商代表部代表やムニューシン米財務長官らが来週に米中交渉を再開することが報じられたものの、中国が米国の一部要求に抵抗していると報じられ、引けにかけて上げ幅を縮小する展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で111円30銭台ユーロ円で126円40銭台で推移している。

今回のFOMCでは利上げ見送りが確実視されていて、今の米国株の上昇基調を崩すようなネガティブ材料が出る可能性は低くく今日、リスク回避の売りが出てくるようであれば、中長期の狙い目と判断。

昨日のNY市場は上昇。ダウは65ドル高の25914ドル、
ナスダックは25ポイント高の7714ポイント。S&Pも10ポイント上げて2832で取引を終了した。

明日から2日間にわたり開催されるFOMCで、年内の利上げ凍結の見方が一段と強まるとの思惑からS&P500及びナスダック総合指数に買いが広がった。

ダウは、ボーイングの旅客機事故を巡る先行き不透明感が引き続き嫌気され、上値の重い展開となった。

直近の為替レートは、ドル円で111円30銭台ユーロ円で126円20銭台で推移している。

 

昨日の日経平均は終日堅調で場中はあまり動きがなかったが終値では26週線を上回っており、このまま大きく崩れなければ
今週にも上抜けが期待できそうな展開。ここは長期有望銘柄の仕込み時でもあると思われる。

先週末のNY市場は上昇。ダウは138ドル高の25848ドル、
ナスダックは57ポイント高の7688ポイント。
S&Pも14ポイント上げて2822で取引を終了した。

朝方は、3月NY連銀製造業景況指数や2月鉱工業生産が予想を下振れ、小動き。

米中交渉の進展が報じられたほか、李克強首相が景気刺激策の継続を発表したことが好感され、上昇したものの、オプションや先物の決済日が重なる中、出来高が膨らみ上値は限られた。

直近の為替レートは、ドル円で111円40銭台ユーロ円で126円20銭台で推移している。

年度末に向け権利取りの動きも考えると立ち合い日の少ない今週は忙しくなると予想される。

昨日のNY市場はまちまち。ダウは7ドル高の25709ドル、一方、ナスダックは12ポイント安の7630ポイント。
S&Pも2ポイント下げて2808で取引を終了した。

中国の2月鉱工業生産が予想を下振れ、世界経済減速への懸念から、前日終値を挟んで揉み合う展開となった。

貿易摩擦を巡る米中首脳会談の開催が4月以降に延期されたほか、英議会でEU離脱期限延長案が可決されたことで、今後の展開を見極めたいとの思惑もあり、小動きに終始した。

直近の為替レートは、ドル円で111円60銭台ユーロ円で1260円20銭台で推移している。

午後から21500円でのやれやれ売りといった感じで大きく崩れたように思えるが、あくまでボックスsの中での動きと考えている。

日銀政策決定会議が終わるまでは動きは少ないのは明らか。反動での後場の動きは重要。

昨日のNY市場は上昇。ダウは148ドル高の25702ドル、ナスダックは52ポイント高の7643ポイント。
S&Pも19ポイント上げて2810で取引を終了した。

2月生産者物価指数が予想を下振れ、インフレ懸念が後退したほか、堅調な1月の耐久財受注や建設支出が好感され、買いが先行。

英下院で合意なきEU離脱を巡る採決が否決されるとの見方が強まり、終日堅調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で111円20銭台ユーロ円で126円10銭台で推移している。

昨日注目の配信銘柄も予想どおり大きく上昇となって、ボックス相場の懐疑的な状況では材料で大きく上昇する銘柄が確実に存在する。

読みやすい相場の時は短期で大きく利益を出す事が重要。

昨日のNY市場はまちまち。ダウは96ドル安の25554ドル、一方、ナスダックは32ポイント高の7591ポイント。
S&Pも8ポイント上げて2791で取引を終了した。

2月消費者物価指数(食品とエネルギー除く)が予想外の鈍化となり、利上げ据え置きが長期化するとの見方から、S&P500とナスダックに買いが先行。

その後は、英国でのEU離脱修正案の採決結果を見極めたいとの思惑から小動きとなった。EU離脱修正案は再び否決されたものの、相場への影響は限定的だった。

ダウはボーイングの737MAX型旅客機事故の影響により世界各国で同機体の運航停止の動きが広がっていることが重しとなり、軟調推移となった。

直近の為替レートは、ドル円で111円30銭台ユーロ円で125円60銭台で推移している。

今日の東京株式市場は英国のEU離脱協定の修正案採決が予想通りとはいえ否決されたことで、“合意なき離脱”への懸念がさらに続くことになり、市場には逆風となりそうだ、まだまだもみ合いは続きそうだ。

先週末のNY市場は下落。ダウは22ドル安の25450ドル、ナスダックは13ポイント安の7408ポイント。S&Pも5ポイント下げて2743で取引を終了した。

2月雇用統計で非農業雇用者数が前月比2万人増と予想を大きく下振れ、売りが先行。

原油相場の下落が嫌気されたほか、中国の2月貿易統計で輸出入が大きく落ち込み、世界経済減速への懸念が一段と強まったが、引けにかけて下げ幅を縮小した。

直近の為替レートは、ドル円で111円の飛び台ユーロ円で124円70銭台で推移している。

非農業雇用者数の下振れ要因はガバメントシャットダウン、悪天候と一時的な要因と判断する。

従って昨年から続いた下降トレンドが継続してるとは判断しないほうがいいと思っている。

 

昨日のNY市場は下落。ダウは200ドル安の25473ドル、ナスダックは84ポイント安の7421ポイント。
S&Pも22ポイント下げて2748で取引を終了した。

ECBによるユーロ圏経済成長見通しの下方修正を受けて、欧州株が全面安となり、売りが先行。
世界経済の鈍化懸念が意識され、終日下落となった。

直近の為替レートは、ドル円で111円60銭台ユーロ円で124円90銭台で推移している。

 

SQ前ということで2月と曜日が似ていることもありどうも今週後半は買いに向かえない状況だが、個人的にはここまでは予想より崩れていないと判断。はたして今日、一気に崩れるのか、しぶとく粘るかで、来週の見る銘柄に変化がでそうだ。